ダイヤモンド4C プロが教えるダイヤモンド 4C徹底解説!

婚約指輪(エンゲージリング)を購入するとき、選ぶ基準の一つにダイヤモンドの大きさや輝きがあります。

どこのお店に行っても その判断基準として必ず「4C」というワードがでてきます。

「4C」とはダイヤモンドの価値をグレーディングする基準であり、ほとんど世界共通に使われています。

一般的に4Cでグレードが上がると、稀少性が高くなるとされていますが、
各要素とグレードを知ることは、ダイヤモンド選びには欠かせません。

今回はそんなダイヤモンドの価値基準となる「4C」について解説します。

これから婚約指輪(エンゲージメントリング)を選ぶ方必見です!

▶▶婚約指輪エンゲージリングお探しの方必見!ダイヤモンドカッターズブランド!

▶▶長野駅前ブライダル専門店ジュエリーリッツ一真堂ショップページ

 

ダイヤモンドの「4C」とは?

現在市場に流通するダイヤモンドのほとんどは、以下の4つの「C」をもとに希少価値を判断され、価格が決まります。

 

①カラット(重さ)

②カラー(色)

③クラリティ(透明度)

④カット(研磨)

 

これらの頭文字を取って「4C」と呼ばれています。

「4C」の基準が誕生したことにより、ダイヤモンドの価値が世界共通で、正しい知識を持ってダイヤモンドや婚約指輪(エンゲージリング)を購入できるようになりました。

それではダイヤモンドの4つのCをさらに詳しく見ていきましょう。

カラット

カラットは一番聞きなじみのある言葉だと思います。よく芸能人が婚約指輪をお披露目するときに

「○○カラットのダイヤです~」という言葉を聞いたことがあるかと思います。その「○○カラット」のカラットです!

一般的に大きさだと思われがちですが実は、ダイヤモンドの重さを表す単位となっており

1カラットは0.2グラムを表します。

一真堂で婚約指輪・結婚指輪を見る・探す▷▷ご予約フォーム

20世紀初頭に、カラット重量は0.2グラムとして統一されるようになりました。

ちなみにカラット数が上がるにつれて価格が上がるのは、大きいダイヤモンドが少なく、希少性が高くなるためです。

▶▶天皇陛下の婚約指輪はどのブランド?皇室に認められたダイヤモンドブランドはロイヤルアッシャー

カラー

カラーはそのままお色味のことになります。

実はダイヤモンドは無色透明に見えますが、黄色味を帯びています。

そのためダイヤモンドのカラーはD~Zまでのアルファベットで示され、完全無色のDカラーからZに徐々に黄色が濃くなります。

無色透明のDカラーのダイヤモンドが最も希少性が高く、価格が上がります。

 

しかし、黄色味を帯びているのが悪いということではなく、逆に黄色味が強くなるとイエローダイヤモンドや、ラッキーストーンと呼ばれるようになります。

イエローダイヤモンドは希少性が高いため、再び評価が上がり価格が高くなります。

▶▶世界で最も美しいダイヤモンド。ラザールダイヤモンドを見てみる

クラリティ

一番聞きなじみのない言葉だと思います。

クラリティが表すものは、ダイヤモンドの透明度です。

天然ダイヤモンドは、もともと炭素だったものに強烈な熱と圧力が自然に与えられてできたもの。

このダイヤモンドができる過程で、ダイヤモンドにインクルージョン(内包物)やブレミッシュ(表面上の特徴)が出来あがるのですが、これらの質や位置、外観に与える影響を調べ、価値を定めます。

天然自然の証で、あるのが当たり前なのですが、少なければ少ないほど希少性の高いダイヤモンドとなります。

透明度が高くなるほど価値は高まります。

一真堂で婚約指輪・結婚指輪を見る・探す▷▷ご予約フォーム

たとえばトップクラリティのフローレス(FL)ダイヤモンドは、非常に稀な透明度の高いダイヤモンドとして知られていますが、実際にジュエリー業界で働いていても一度も見たことがないという人も珍しくありません。

 

カット

カットは研磨の状態を指しますが、これまでお話しした、カラット・カラー・クラリティは原石の段階からほとんど決まっているものです。

カットに関しては唯一職人の手が加わる部分で一番大事で、輝きを左右するところです!

どれほどカラーやクラリティにこだわってもカットが良くないと全然輝かないダイヤモンドとなります。

今の4Cを作ったブランド?世界で一番カットが綺麗と称されるラザールダイヤモンドをもっと詳しく見る!

 

逆にカラーやクラリティ、それほどこだわらなくてもカットが綺麗だと最高に輝くダイヤモンドとなります。

ダイヤモンド原石に人の手が加わることでさらに美しさが引き出されるからです。

ダイヤモンドは、ブリリアンス(白色光の反射)、ファイヤー(色のきらめき)、シンチレーション(明暗の領域)の3つの光学的効果によって美しく見えることがあります。

▶▶ロイヤルアッシャーが婚約指輪に選ばれ続ける理由

ダイヤモンドの4Cはとても重要な基準ですが、実は4Cを鑑定する機関は無数に存在しています。

甘い鑑定をする機関や厳しい鑑定機関などあります。

またダイヤモンド原石が持つ本来の質、テリは原石の段階で決まっていて、原石にもランク付けがされたりもしています。

それらを総合してダイヤモンドの値段や価値が決まってきているのです。

そして何よりダイヤモンドは身に着けるもの。

自身に似合うカラット数はどのくらいなのか?予算に見合っているのか?本当にきれいなダイヤモンドを一つは持ちたいなど…ダイヤモンドは様々なシーンでお使いいただけます。

 

4Cだけにこだわらず、さまざまな視点から納得のいくダイヤモンド選びをしてみましょう。

一真堂で婚約指輪・結婚指輪を見る・探す▷▷ご予約フォーム

――――――――――――――――
長野の婚約・結婚指輪専門店
ブライダルジュエリーショップ
ジュエリー・リッツ一真堂
〒380-0826
長野県長野市北石堂町1427
営業時間 10:30∼19:00
お問い合わせ:026-226-8131
HP: http://1sd-bridal-nagano.jp/
――――――――――――――――