オメガ 【スピードマスタープロフェッショナル】 ムーンウォッチ 初めて月に行った腕時計の物語

オメガ スピードマスタープロフェッショナル


スイス時計業界のレジェンド!


「スピードマスタープロフェッショナル」

時計に詳しくない人でも一度は耳にした事があるのではないでしょうか?人気・実力・歴史、その全てにおいて最高峰に位置するクロノグラフの代名詞と言える名機。1957年に発表され早60年以上の歴史を持ち、その高いパフォーマンスと信頼性からアメリカ航空宇宙局(NASA)に宇宙飛行士の装備品として正式に採用され、輝かしい歴史を今尚刻み続けています。数多くの伝説を残してきたこのロングセラーモデルをご紹介いたします。

スピードマスタープロフェッショナルを装着した宇宙飛行士

 


NASA公認時計としての歴史


1957年
当時 独自の耐圧リューズやOリングにより、防水性能を高めた「シーマスター」をベースに耐衝撃性・耐磁性を向上させた「スピードマスター」が誕生したのは1957年の事。

スピードマスター ブロードアロー最初のスピードマスター「ブロードアロー」

 

1963年
この年あらゆる競合ブランドの時計を抑え、スピードマスター サードモデルが数々の厳格なテストをクリアし「NASA」に公式採用され、ジェミニ計画・アポロ計画において大活躍しました。

 

1969年
アポロ11号の月面着陸成功に伴い、歴史上唯一の「月に降り立った腕時計」になりました。この称号は今も尚スピードマスタープロフェッショナルのみが名乗る事が出来るのです。

 

そして現在
最初に宇宙へ行ってから50年以上経った今でもこの「ムーンウォッチ」はNASA公認時計として宇宙飛行士の腕で数々のミッションを支え続けています。

 

◆その他オメガのラインナップと概要◆

 


ここが凄い


●機能やディティールを進化させつつも60年以上基本のスタイルがファーストモデルとほぼ変わらない完成された普遍的デザイン。黒の文字盤、横目のサブダイヤル、タキメーター付きベゼル、パッと見ただけで「スピードマスタープロフェッショナル」と分かります。

●宇宙服にも留められるストラップに交換さえすれば、店頭で普通に売られている市販品がそのまま宇宙空間で使用出来てしまうほどの驚異のポテンシャルの高さ!

宇宙服使用のオメガスピードマスタープロフェッショナル

 

 


ムーンウォッチと呼べるのはスピードマスターだけ


「ひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍だ」

人類史上初めて地球以外の星に立つという快挙を成し遂げたニール・アームストロングの腕には、スピードマスタープロフェッショナルが装着されていました。極めて過酷なミッションを支えたこの時計は、その最初の一歩と共に伝説になったのです。

今に至るまで宇宙に飛び立った時計は数あれど、月に行った時計=「ムーンウォッチ」と呼べるのはスピードマスタープロフェッショナルだけなのです。

オメガスピードマスター 裏蓋スピードマスタープロフェッショナルの裏蓋  「月に降り立った最初の腕時計」の文字が刻まれている

 

◆シンプルなオメガ アクアテラ◆

 


「アポロ13号」 クルーの命を繋いだスピードマスタープロフェッショナル


1970年4月13日

「ヒューストン、問題が発生した」・・・緊迫した状況の中、電圧の低下を管制センターへ伝えてほどなくして、大きな爆発音と共に異常を示す警告ランプが点滅。酸素タンクの爆発によりアポロ13号は軌道を外れ、永遠に宇宙を彷徨いかねない危機に陥ってしまった。

地球に帰還する方法はただ一つ。飛行航路の修正をして大気圏に再突入しなければならない。少しでも角度がずれれば外へ弾き飛ばされてしまう。コンピューターも作動しない極限状況の中、頼れるのは唯一クルーの腕に装着されたスピードマスタープロフェッショナルだけ・・・。

アポロ13号 地球帰還

エンジンを着火し軌道修正に必要な「噴射からストップまでの14秒間」を正確に計測したスピードマスターのクロノグラフのおかげでアポロ13号は無事地球に帰還する事が出来たのです。その舞台となった場所が宇宙であるという事実はもとより、これほどまでにドラマチックかつ偉大なクロノグラフの使用例は歴史上他に類を見ないでしょう。

3人のクルーの命を救ったという実話は後に映画にもなり、今もスピードマスタープロフェッショナルの逸話として語り継がれています。

 

◆オメガのダイバーウォッチ  シーマスター300M◆

 


ラインナップ


オメガスピードマスター 311.30.42.30.01.006SPEEDMASTER Moonwatch Professional Chronograph 42㎜
ステンレススチールケース  傷の付きにくいサファイアクリスタルガラス風防
311.30.42.30.01.006   ¥650,000-(税別)

 

 

オメガスピードマスター キャリバー1863内蔵ムーブメント  『キャリバー1863』 シースルーバック  パワーリザーブ48時間   手巻き

 

 

オメガスピードマスター 311.33.42.30.01.001SPEEDMASTER Moonwatch Professional Chronograph 42㎜
ステンレススチールケース&レザーストラップ  ヘサライトクリスタルガラス風防(硬化プラスチック)
311.33.42.30.01.001   ¥540,000-(税別)

オメガスピードマスター キャリバー1861内蔵ムーブメント   『キャリバー1861』   パワーリザーブ48時間   手巻き

 

オメガスピードマスター 311.30.40.30.01.001月面着陸に使われた有名なキャリバー321の復刻版搭載モデル  2020年初旬発売予定
SPEEDMASTER Moonwatch Professional Chronograph  39.7㎜
ステンレススチールケース   ブラックセラミック製ベゼル
311.30.40.30.01.001   ¥1,510,000ー(税別)

 

オメガスピードマスター キャリバー321内蔵ムーブメント   『キャリバー321』  パワーリザーブ55時間  手巻き

 


知れば納得!なぜ手巻き?強化プラスチック風防である理由とは?


技術や素材の進歩により自動巻きや、傷の付きにくいサファイアクリスタル風防が主流の現代において、スピードマスタープロフェッショナルが手巻きモデル、強化プラスチック風防モデルを造り続ける訳をご存知でしょうか?

 

手巻きである理由
重力がない宇宙空間ではローター(振り子)が回らないため、必然的にゼンマイを強制的に手で巻いて駆動する仕組みである事が求められます。

 

強化プラスチックである理由
宇宙船の狭い無重力状況下の空間で万が一ガラスが割れると細かい破片となり飛散してしまい、危険であると共にミッションを困難にしてしまいます。一方強化プラスチックであれば割れにくく割れたとしても細かく破片が飛散する事もありません。

 

このようにスピードマスタープロフェッショナルは宇宙で使用される事を前提に開発された生い立ちを持つ時計だからこその特徴を備えています月へ行ったNASA公認時計である唯一無二のアイデンティティを保つという使命を担っているのです

現在、スピードマスタープロフェッショナルには自動巻きモデルはありませんが、サファイアクリスタル風防モデルはラインナップされています。その他 派生モデルには自動巻き・サファイアクリスタル風防・デイト(日付)付のモデルもあり、それらをチョイスする事も可能です

ロマンあふれる月へ行った伝説のモデルを機能もそのままに選ぶか?実用性重視で選ぶか?の選択はこれからスピードマスターと人生というミッションを共にするあなたに委ねられます。

 


今までも これからも


発表以来、機能や素材をアップデートさせつつも基本のスタイルが変わらないのがスピードマスターの魅力。オメガを代表するモデルとしてだけでなく時計ブランド全体を見渡しても、これほど伝統とロマン、存在感を合わせ持つ時計は他にありません。歩んできた偉大な歴史は益々輝きを増し、これからも世界中で新世代のファンを虜にしていく事でしょう。

 

◆『長野市』でオメガの時計を見れるショップはこちら◆

【関連記事】

【オメガ シーマスター ダイバー300M】キングオブ ダイバーウォッチの魅力を丸わかり解説

オメガのメンズ腕時計・人気ランキングBEST3!【2021年最新版】

 

 

【長野県のブランドウォッチ正規販売店】

ブルージュ一真堂

ブランド時計正規取扱店・長野市ブルージュ一真堂

各種ブランドウォッチ正規取扱店
長野東ICから車で約10分  長野駅前から車で約10分
駐車場25台完備

――――――――――――――――
〒381-0034
長野県長野市高田1737ー1
営業時間 11:00∼19:00
お問い合わせ:026ー263ー5550
HP:https://www.1sd.jp/top/watch
――――――――――――――――

◆ご来店予約はこちらから◆

 

◆お問い合わせはこちらでも受け付けております◆